カップルで同棲をするために賃貸物件を契約するためには、婚約証明書の提出を求められる時がある

賃貸物件をメインの住まいとするなら
Hot Topics

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

賃貸物件をメインの住まいとするなら

賃貸物件をメインの住まいとするなら

賃貸物件をメインの住まいとするなら
結婚前に同棲をするカップルが増えてきていますが、今まで親元にいて同棲するためにはじめて賃貸物件探しをするカップル多くいる様ですが、婚約証明書の提出を求められる場合もあるそうなので準備をしておいた方が良いそうです。結婚はまだまだ先の予定だったり、結婚を前提の同棲ではない場合もあるかもしれませんが、婚約証明書といっても必ず結婚をしなければならないという効力がある訳ではなく、カップル二人の親が二人の同棲を了解していますという証明をする書類になるそうです。

そんな書類が必要としている理由としては、不動産会社やオーナーの負担を少なくしたいという理由となり、結婚前のカップルが同棲をはじめたら、やっぱり一緒に生活出来ないという事ですぐに賃貸契約を解消する場合がある事が多くあるので、短期間での退去を防ぐための書類が婚約証明書を取得を求めているそうです。不動産会社やオーナーはより長く物件に住んでいて欲しいと考えており、空室になってしまう期間を防ぎたいのです。同棲をする計画をする事はカップルにとって楽しい事ですが、親の承認を取れなくて、婚約証明書を提出出来なく賃貸契約をする事が出来なかったなんて事もあったそうです。

おすすめ情報

Copyright (C)2016賃貸物件をメインの住まいとするなら.All rights reserved.